読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo blog

── 声優の緑川光さんのことでいっぱいなブログです♪ ──

ズモモとヌペペ-イベントレポ02

イベントレポ
まずDVDが流れてるモニターを見ながらキャラクター紹介を少しして、今野さんがお2人に質問していきました。
緑川さんへは「ズモモ役が決まってどう思いましたか?」

緑川さん「え、嬉しかったですよ。もちろん」
今野さん「キャラを見てどうでしたか?」
緑川さん「ズモモってすごく可愛いキャラだしこういう可愛いのしたかったから、嬉しかったですよ」

今野さんは意外そうな顔で聞いていらして、緑川さんの可愛いモノ好きは知らなかった様子でした。
DVDの特典映像で、緑川さんがズモモ可愛くて嬉しい ♪っておっしゃってたからこちらは違和感なかったですけど、初めて知る人には想像つかないものなのかも。

次にヌペペの話を聞こうと相沢さんに緑川さんと今野さんが目を向けると、ちょうど近くにあるスクリーンにバニとズモモのキスしてるシーンが映ってて、

緑川さん「なに見てるんですか。
…ああ、ちゅーしてるとこですね。
ちゅうーーってしてましたね」

って、サービスなのかなぁと思うほど何回もちゅーっておっしゃってて、わああなんか嬉しい(#^.^#)ってこっそり萌えてました(笑)

あと収録が大変だったって話が出て、緑川さんが言うには、某日曜朝の番組で(星矢Ωですね!)いっぱい叫ぶ役をやってて、もうこれ以上叫ぶことはないだろうと思っていたのにそれぐらい叫び通しで、毎回4本撮りくらいしてたからいつも最後の方はノドがガラガラしていて、まさかこんな可愛いキャラでここまでノドを酷使することになるとは思っていなかったです、ということでした。
しかも本編で叫んだ後で予告でも叫ばないといけなくて大変だった、出し尽くした、とおっしゃっていました。

相沢さんは時々別撮りだったりしたらしくて、緑川さんの大変さに驚いていました。
今野さんは、そうそうすごく大変そうだなぁっていつも見てて思ってました、って言ってらして、5分アニメなのにズモモ役の緑川さんの負担の大きさに皆も驚いていました。
高いトーンの声でいっぱいテンション上げてしゃべるってやっぱりしんどいんですね。
そのかいあってアニメのあの満足感が生まれてるんだなと思うとなんか納得です。
緑川さんから見て大変だなって感じたのは他のキャストの方が歌ってる即興ソングだそうです。

今野さんのキャラであるドリちゃんの紹介で、ズモモがヌペペのために描いた絵です、ということで緑川さんがドリちゃんの絵を描くことになりました。急に(笑)
スタッフの方が紙とマジックをさっと用意して、緑川さんは「マジで?」となりつつも画面を参考にさらさらと描きあげて客席に向けると、さすが、けっこう似てました。
わーっと拍手が起こると、

緑川さん「あれ、けっこう反応がいいなぁ。
もっとバカにされるかと思ってたのに(苦笑)」

実際そんな人は会場にはいなさそうでした。
アットホームな雰囲気の良いイベントだなって何度も思いましたもん。